勉強

【イラストでわかりやすく解説!】集中治療室8年目看護師が教える心電図の読み方

ナースひまり
ナースひまり
こんにちは!ナースひまり(→プロフィール)です。

あなたは心電図、読めますか?

わたしも看護学生、新人の頃は心電図がものすごく苦手でした!

「心房細動?期外収縮?よくわかんない…(;´д`)」

こんな感じでいつも「?」マークが頭の中にある状態。

そんなわたしも、集中治療室で心電図の波形を見続けて早8年目。

看護学校に心電図を教えに行っていた時期もあります。

看護学生からの感想

看護学生から

「他の先生の授業ではわからなかったけど、先生の授業を聞いて、初めて心電図がわかるようになりました!」

という嬉しい声も多数頂きました(*´ω`*)

今日はその内容を記事にまとめています。

ナースひまり
ナースひまり
この記事を読んで、少しでも心電図がわかるようになってもらえると嬉しいです♪

ちなみに記事に書いている内容は、ある看護師さんから教えてもらった内容なんです(=´∀`)人(´∀`=)

ある看護師さんというのは・・・

  • 看護師歴約40年
  • 救急看護認定看護師
  • ACLSなどのインストラクターの資格を多数保持
  • 本を出版している
  • セミナー多数開催
  • etc・・・

こんなすごい経歴を持っている方から教えてもらいました!

(わたしが1年目の時からお世話になっている大先輩で、尊敬している先輩のうちの1人です^^)

ナースひまり
ナースひまり
それでは早速内容に入っていきましょう!

心電図はこの3ステップが大事!
  1. 波形を見た時、患者さんの心臓がどんな動きをしているのか?イメージできる
  2. その心臓の動きが循環動態にどんな影響を及ぼすのか?がわかる
  3. 緊急性があるのか?ないのか?判断できる

心電図はなぜ読む必要があるのか?

わたしは

心電図=心臓の悲鳴を読み取るもの

だと思っています。

昔のわたしは、患者さんの心電図の波形を見た時に

「この波形はなんだろう?」

「うーん…」

と、心電図モニターの前でウンウンうなってました。

わたしが心電図が苦手だった理由は、

『波形を丸暗記しようとしていた』

からなんです。

看護学生や新人さんから心電図について質問があった時、

「これは何ていう波形ですか?」

が多くて

「この波形は、心臓でどんなことが起きてると思う?」

と聞くと、

「・・・。」

と考えこんでしまうのが、いつものパターン。

(その姿を見る度に、「昔のわたしもそうだったなぁ。」と昔の自分を思い出します^^;)

冒頭でも言いましたが、心電図を読むコツは

『心臓の動きをイメージすること』

なんです!

患者さんの波形を見たときに、

  1. 患者さんの心臓がどんな動きをしている?
  2. その心臓の動きが循環動態にどんな影響を及ぼす?
  3. 緊急性があるのか?ないのか?

ナースひまり
ナースひまり
この3ステップが心電図を読む上で、重要なポイントです!

心電図の緊急性の低い波形、高い波形は?

まずは緊急性の低い、高い波形は何なのか?わかりやすいように、一覧にまとめてみました。

わたしが臨床でよく見る波形は

  • 心房細動
  • 心房性期外収縮(PAC)
  • 心室性期外収縮(PVC)

この3つは毎日見ます。

(入院患者さんは高齢者の方ばかりなので^^;)

稀にみる波形は

  • 心室頻拍(VT)
  • 2段脈
  • 3段脈

超稀にみる波形

  • 心室細動(VF)
  • Ⅱ度の房室ブロック
  • Ⅲ度の房室ブロック

こんな感じです( ´ ▽ ` )ノ

ナースひまり
ナースひまり
え、VF?!と思って慌てて患者さんのところにいったら、歯磨きをしてただけっていうこともありました(笑)

これは結構新人看護師さんにあるあるなんですけど、マニアックな波形(臨床でほとんど見ないレアな波形)を見て

「これは何ていう波形??」

と、ずっとテキストと睨めっこしてるよりも・・・

ナースひまり
ナースひまり
自分の職場でよく見かける波形を覚える方がずっと効率がいいです!

そして、

心電図の波形+患者さんの全体像

を含めてアセスメントをして、

緊急性があるのか?ないのか?

を判断できるようになりましょう!

ナースひまり
ナースひまり
心電図だけ読めても、緊急性があるのか?ないのか?判断できないと意味がないですからね。

テキストには重症な不整脈と書いてあっても、患者さんの治療方針(DNARなど)によっては経過観察をすることもあります。

そこで看護師が慌てたら、付き添っているご家族様を不安にさせてしまうので・・・

患者さんの全体を捉えた上で判断するのはこういった意味でも大事なことだと、わたしは思っています。

ナースひまり
ナースひまり
心電図の波形は、あくまでアセスメントする上での1つの指標でしかありません!

各心電図波形の特徴

  • 洞調律
  • 期外収縮
  • 心房細動、心室細動
  • 房室ブロック

一つずつ書いたら、記事がかなり長くなってしまって・・・(笑)

各記事にまとめています。

知りたい波形をクリックしてください(*´ω`*)

免責事項について

記事内に書いている内容は、きちんとご自身で確認し、各自の自己責任の上で活用の程よろしくお願いします。

内容に関するトラブルは、一切の責任を負いかねます。

ABOUT ME
ナースひまり
ナースひまり
集中治療室8年目アラサーナース。将来のライフイベントに備えて、現在看護師の仕事をしながら別のキャリアに挑戦中。 人生、健康、恋愛、結婚、お金、人間関係、今後のキャリア・・・わたしは7年以上看護師をしてきて、本当にいろんなことに悩んできました。心身が崩壊しそうになったなんてことも。たくさん悩んできたわたしだからこそ伝えられることがある。そんな思いでこのブログをはじめました。詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。