相談室

【社会人から看護師へ】ミスが続き、看護師を続けていく自信を失ってしまったRさんの話

ナースひまり
ナースひまり
こんにちは!ナースひまり(→プロフィール)です。

「自分で色々と工夫しているつもりなのに、ミスが減らない…」

あなたもそんな悩みを抱えていませんか?

今日は『なんでも相談室』から、相談にのった内容を記事にさせて頂きました。

(ご本人の了承は得ています)

1人が抱えている悩みは、同じように他の人も悩んでいたりするもの。

相談内容をシェアさせて頂いて、今回相談してくれたRさんのような悩み抱えている人が少しでも前に進むキッカケになれば…!と思います(^^)

相談者の紹介、相談内容などはご本人が特定されないように少し変えさせてもらってます。

相談内容:「ミスばかりで、根拠をもった看護ができていない…」と悩んでいたRさん

はじめまして。

いつもブログを読ませていただき、力をもらっています。

いつもひまりさんのブログを読んで共感できることが多く、そのおかげで前向きになれています。

ですが、今日もミスが続いてしまいました。

人間だからミスをすることはあると思ってはいるのですが、業務優先となってしまうことが多く、根拠をもった看護が出来ていません。

今の病棟から逃げ出したい気持ちでいっぱいです。看護の楽しさがわからず、憂鬱な日々が続いています…。

少しでもそんな自分を変えたいと思っていますが、どうすればいいのかわかりません。何かアドバイスを頂けたら有難いです。

ナースひまり
ナースひまり
Rさんは私に相談する前に、自分でもミスを減らすために色々と工夫されていました。

Rさんがミスを減らすために工夫されていたこと

  • 情報収集時のメモは時系列で書く。
  • 蛍光ペンで色分けしてわかりやすくして、終わったらチェックを入れる。
  • 追加になったり、伝言されたことは青ペンで色分けする。
  • ポケットにもメモ帳を持っていて、それにもメモするようにしている。
  • 情報収集用紙でスケジュール確認する時にそのメモを取り出している。

Rさん
Rさん
これだけしっかりメモしていても、ナースコールの対応をしたり、イレギュラーなことが続くとミスを起こしてしまうんです。

というのがRさんの悩みでした。

ナースひまり
ナースひまり
これだけしっかりメモされているのはすごい…!Rさんは少しやり方を変えたら、状態は改善されそう!

私はそう思って、Rさんに2つのことを提案させて頂きました。

仕事のミスが多い看護師さんは試してほしい!ミスを減らすための2つの解決策とは?

自分でも色々と工夫されていたRさん。

私がRさんに提案したことは…

  1. メモしたことを休憩前もしくは休憩に確認してイメトレする
  2. 気持ちが落ち着いている状態で、振り返りをする

この2つです!

なぜ私はこの2つを提案したのか?

説明していきますね^^

メモしたことを休憩前もしくは休憩後に確認してイメトレする

詳しくお話を伺うと…

Rさんはメモしたことを確認するタイミングはバラバラで、特に忙しい時は確認する回数は減ってしまうとのことでした。

私は、Rさんに「一度メモを確認するタイミングを統一してもらおう!」と思って、休憩前もしくは休憩中にメモを確認してもらうことにしました。

ナースひまり
ナースひまり
そうすれば、前半のことを整理してから後半に挑むことができます!

気持ちが落ち着いている状態で、振り返りをする

私はRさんにどんな時にミスをしやすいのか?を伺ってみました。

Rさんがミスをしやすいのは以下のような時。

ナースひまり
ナースひまり
わ、わかる…!

あなたもそう思いませんでしたか?

この時、頭の中は『過度の緊張状態』

つまり、自律神経である交感神経が興奮しすぎていて、それが原因で冷静に考えることができなくなっているんです。

後から、冷静になってみて

「なんであんなことをしてしまったんだろう?」

と思うことはありませんか?

本来、交感神経は仕事、勉強の時などに興奮して、頭の回転をよくしてくれます。

でも…!

その交感神経が興奮しすぎると、冷静に考えることができなくなってしまうんです(*´Д`*)

コーヒーを飲むと、カフェインによって交感神経が興奮しますよね。

でも、コーヒーを飲みすぎると、交感神経が興奮しすぎて逆に集中力を奪われてしまうんです。

交感神経が興奮しすぎている時は、逆に副交感神経に切り替えることがポイント!

交感神経から副交感神経に切り替えることで、脳をリセットすることができます。

ナースひまり
ナースひまり
これは脳科学的にも証明されています!

仕事中は自分が思っている以上に緊張状態。

そんな状態の時に「次はこうしよう!」と思っても、なかなか頭には定着しなくて、同じミスを繰り返してしまいがち。

そんな状態だと冷静に考えたくても考えられなくて…

でも自分では一生懸命考えているつもりなので

「ちゃんと考えてるつもりなのに、できない自分はダメなヤツなんだ」

と落ち込んでしまうのは、新人看護師あるあるです^^;

振り返るタイミングを

『仕事中→気持ちが落ち着いている時』

に変えてみる。

私はRさんに、

「家に帰ってリラックスしている状態の時にも振り返ってみましょう!」

とアドバイスさせて頂きました。

リラックスしている時に振り返ることで、頭にも定着されやすいはず!と思って提案させて頂いたんです(^^)

1週間実践してみて、Rさんはどんな風にかわったのか?

1週間実践してみて、その成果を報告してもらいました。

Rさんは

  1. メモしたことを休憩前もしくは休憩後に確認してイメトレする
  2. 気持ちが落ち着いている状態で、振り返りをする

この2つ実践してみて…

  • 抜けは少なくなり、忘れもなくなってきた
  • スケジュールに他の処置や検査が入ると、臨機応変に考えられず戸惑うこともあるけど…基本を忠実にしていくことで定着していけると思えるようになった
  • できていることにも目が向けられるようになって、自分のことを認めてあげられるようになった

これらの変化があったそうです!!

何よりRさんの言葉で印象的だったのは

Rさん
Rさん
職場に自分の居場所はないと思っていたけど、居場所は自分で作っていくものだと思えるようになりました…!

この言葉でした。

私は新人の頃、仕事ができない自分や人間関係に悩んでは、今の自分のことを認めてくれる場所を常に探しているような感じで…

でも、周りに求めているうちはなかなか良い方向にいかないんですよね。

良い方向に行く前に、自分自身が疲れきってしまったり…

今回のRさんみたいに『居場所は自分で作っていくもの』と考えることができれば、私も新人の頃に感じていたストレスはまた違っていたかもしれません。

Rさんの悩みは全て改善された訳ではないけど…

ナースひまり
ナースひまり
たった1週間でこれだけ変化があったのは、Rさんにとって大きな前進になったと思います♪

私に相談してみた感想をRさんにお聞きしました!

Rさんは相談中、胸の内を色々と話して下さいました。

社会人から看護師になって、看護師の独特の世界に戸惑ったり、同期は色んなことに適応していくけれど、自分は先輩から指導ばかり受けてしまうことに劣等感を感じていること…

キツイ言い方をする先輩の言葉が耳に残って、自信喪失してしまったこと…

お話を聞く中で、私はアドバイス以外にも、Rさんが今できていることを第三者の立場から伝えさせて頂きました^^

Rさんからの感想

どうしてもミスをしてしまうとネガティブに考えてしまいますが、それがたくさん募ると自己肯定感も下がってしまいます。

どんなことを話しても肯定して返してくださるので、そんな風に捉えていいんだなと思えることができ、力になりました。

現場でミスや忘れがあって自分を責めそうになっても、ポジティブに変えて考えることができました。

そして、できたことをひまりさんに話すと、さらに肯定してくださるので、その勇気づけがさらに力になり良い方向に進むようになりました。

なかなか支えてくれる人が身近にいなかったので、本当に大きな支えでした。

Rさん、私のことを信頼して相談して頂きありがとうございました!

これからもRさんのこと、応援しています(^^)

最後に

自分の成長は自分ではわからないもの。

あなたもRさんにみたいに誰かに相談して、自分のことを客観視してもらうことで前に進むキッカケになるかもしれません。

もし周りに相談できる人がいなかったら、私がいつでも相談に乗ります٩( ‘ω’ )و

気軽に『なんでも相談室 』にお問い合わせください♪

24時間(遅くても48時間)以内に100%返信させて頂いています!

ABOUT ME
ナースひまり
ナースひまり
集中治療室8年目アラサーナース。将来のライフイベントに備えて、現在看護師の仕事をしながら別のキャリアに挑戦中。 人生、健康、恋愛、結婚、お金、人間関係、今後のキャリア・・・わたしは7年以上看護師をしてきて、本当にいろんなことに悩んできました。心身が崩壊しそうになったなんてことも。たくさん悩んできたわたしだからこそ伝えられることがある。そんな思いでこのブログをはじめました。詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。