恋愛

パートナーが看護師の夫婦によくある「すれ違い生活」でも仲良く暮らすために大事な5つのこと

今回は同じ看護師ブロガーのすいさん(@sui_1234555) から記事を寄稿して頂きました!

すいさんは、わたしと年が近いママナースで、今回の記事では、夫婦生活をうまく送るコツ』について教えてもらいました。

とても参考になる記事、ありがとうございます!

パートナーが看護師をしている夫婦の方はすれ違い生活について、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

「せっかく結婚したのに一緒にいられないのは寂しい」

「すれ違い生活でコミュニケーションが取れない」

と思っている人もいますよね。

私も結婚当初、同じ事を考えていました。

我が家の場合は私(看護師)、夫(会社員)で、結婚後も2交代制の病院でバリバリ看護師を続けていたので、生活リズムや休みがなかなか合いませんでした。

でも結婚したからといって、看護師を辞めたいワケでもなかったので、結婚後も2交代制の生活リズムを継続。

そんなすれ違い生活の中で私達夫婦が仲良く暮らすために大事にしている事が5つあります。

  1. イベント事の予定はあらかじめ2人で話し合って日にちを決めておく
  2. お互い過干渉になり過ぎない
  3. それぞれの休みは各自自由に
  4. 家事の分担はゆるく決めておく
  5. 挨拶は大事にする

結婚当初は「夫婦一緒に休みが過ごせないなんて、結婚した意味がない」なんて思っていましたが、この5つの事を夫婦で大事にしていると夫婦仲も良く、私も子どもが生まれるまで急性期の病院でバリバリ働く事ができました。

これから結婚を考えている人、結婚後のすれ違い生活に悩んでいる人に向けて、すい家で効果を発揮しているワザが参考になれれば嬉しいです。

では、さっそく紹介していきます。

【すい家の場合】夫婦すれ違い生活でも仲良く暮らすために大事にしている事

私達夫婦は結婚後も変わらないライフスタイルを維持するために、これから紹介する5つの事を大事にしています。

休みや生活リズムがなかなか合わない中でも、仲良く暮らしていくためのワザです。

すい家の心がけが参考になれれば嬉しいです。

イベント事の予定はあらかじめ2人で話し合って日にちを決めておく

クリニックや外来で看護師をしている人は、比較的パートナーの方と休みが合いやすいのですが、病院で夜勤もしているような常勤の方はなかなかお休みが合わないのが現状ですよね。

我が家も主人は土日が休みですが、私はシフト制なので毎回土日が休みではありません。そこで、イベント事は事前に夫婦で予定を合わせるようにしています。

例えば、誕生日や2人でお出かけをしたい日など、事前に決めてシフトの休み希望を出したり、勤務に合わせてイベントの日を前後にずらします。

事前にお互いの予定を合わせておけば問題なしです。

お互い過干渉になり過ぎない

すれ違い生活で私が一番気になったのが、パートナーが休みの日は何しているのかとか、相手の予定が気になってしまうところ。

またうちの夫は私が休みの日に病院へ行ったり、研修に行く事が信じられない様子で、よく「休みなのに何で職場に行く必要があるの?」とよく聞かれましたね。

お互いの仕事をなるべく理解してあげて、過干渉にならないように気をつけています。

結婚して2人の時間を作る事も大事なのですが、結婚したからこそ1人の時間も大切にした方が絶対良いですよ。

休みが合わない時は各自自由に

最初は結婚したのだから休みの日は一緒に出掛けて、一緒に過ごす事が当たり前だと思っていたので、すれ違い生活が不満でした。

でも夜勤明けの平日休みに行きたいカフェへ出かけたり、友達と会ったり、自由な休みがある事がだんだん楽しくなりました。

主人も私が仕事の時の休みは、羽を伸ばしているそうです(笑)

我が家では休みが合わない時は各自自由に過ごしています。

結婚後の1人時間はすごく息抜きになるので、オススメです。

家事の分担はゆるく決めておく

私は全く何も決めないより、家事の分担をゆるくでも決めておいた方が良かったです。

細かくガチガチに分けすぎると、相手が家事を忘れた時に文句を言いたくなってしまうし、全く何も決めずに負担が片方に偏ると不満が溜まってしまいます。

そこですれ違い生活でも、各自の家事分担で決めた事は忘れずにやるようにしています。

あとは気付いた方がやる、時間がある方がするなどして何とかやっています。

挨拶は大事にする

すれ違い生活でお互いに顔を合わせる時間が少ないからこそ、挨拶は大事にしています。

また「お疲れさま」や「ありがとう」「気を付けてね」など一言労いの言葉をかけてあげるのも良いですね。

夫婦仲良く暮らすためには、思いやりの気持ちが一番。

そのために挨拶はしっかりするように心がけています。

夫婦の時間も大切に

我が家で大事にしている5つの事を紹介しましたが、時間が合わせられる時はしっかり夫婦の時間を大切にしましょう。

1日デートするとかでなくても良いのです。

  • 仕事が終わって夜一緒に夕飯を食べて会話をする
  • 疲れているから家で一緒に映画を見る

など無理しない範囲で、夫婦の時間を共有してみて下さいね。

すれ違い生活では1人時間も楽しみつつ、2人で過ごす時間も大切にしましょう。

お互いに相手の仕事を尊重して、すれ違い生活でも不満ばかり溜まらないように、工夫してみて下さいね。

きっと、夫婦生活が長続きします。

まとめ

私達夫婦が仲良く暮らすために大事にしている5つの事

  1. イベント事の予定はあらかじめ2人で話し合って日にちを決めておく
  2. お互い過干渉になり過ぎない
  3. それぞれの休みは各自自由に
  4. 家事の分担はゆるく決めておく
  5. 挨拶は大事にする

看護師は不規則勤務なのですれ違い生活になってしまうのはしょうがない事です。

でももっと自分のライフワークバランスを大切にしたい、家庭と仕事が両立しやすい職場で働きたいと思っている人には、職場を変える選択肢もあります。

  • 私も結婚後に転職した経験があるので、その時の体験記事はこちらから見て下さい。
  • ナースハックでは他にも、新人看護師さんに向けた記事や恋愛・コミュニケーション術など紹介しています。

執筆者:すい(@sui_1234555

ABOUT ME
ナースひまり
ナースひまり
集中治療室8年目アラサーナース。将来のライフイベントに備えて、現在看護師の仕事をしながら別のキャリアに挑戦中。 人生、健康、恋愛、結婚、お金、人間関係、今後のキャリア・・・わたしは7年以上看護師をしてきて、本当にいろんなことに悩んできました。心身が崩壊しそうになったなんてことも。たくさん悩んできたわたしだからこそ伝えられることがある。そんな思いでこのブログをはじめました。詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。