プロフィール

第2話:勉強、実習がとことん苦手だった看護学生時代。

1からやり直したかった

わたしはまず地元を離れたかった。

自分のことを誰も知らない土地で、1からやり直したい。

そう思い立って、高校卒業後は愛知の田舎町から関西の都心へ一人で上京することを決意。

初めての一人暮らしがスタートした。

(3人兄弟で何かとお金がかかる時に、一人暮らしをさせてもらって今でも親には感謝しています。)

コミュ障をなおしたくて、選んだ接客業。

看護学校に入学し、少しでも負担をかけないようにわたしはバイトを始めた。

人とコミュニケーションをとることはすごく苦手だったけど・・・

コミュ障をなおしたくて、バイトはあえて接客業を選ぶ。

これで少しは克服できるかも。

バイト先は家の近所にあって、シフトも組みやすかったマクドナルドに決定。

当時のバイトの先輩に、

「わたしの第一印象ってどんな感じでした?」

って聞くと

「うーん、なんてしゃべらない子なんだって思った(笑)」

・・・ですよねーーーーー( ;∀;)

あの時はしゃべりかけられても笑って頷くことが精一杯で、接客はマニュアルがあったから何とか大丈夫だった。

看護学校ではというと・・・

勉強が苦手だったわたしは真面目に授業を聞いていても、難しい医療のことはよくわからない。

特に1番苦手だったのが循環器。

実習中も記録が書けなくて、まとめたいのにまとめてるうちに自分でも何を言いたいのかわからなくなる。

書いては消して、書いては消しての繰り返し。

気づけば夜中。

提出した記録は赤ペンだらけで返ってくる。

返ってきた記録を修正して、その日の記録を書いて・・・

実習中の睡眠時間は2〜3時間が当たり前だった。

テストのときも、自分ではテスト前にはちゃんと勉強してるつもりだったけどテストの点数はギリギリなことが多かったり、

だれも落としてない教科を落として一人で再試験を受けるなんてことも。

ほんとうにダメダメな学生でした(泣)

学校ではダメダメな学生だったけど・・・

看護学校ではダメさを発揮してたけど、バイトでは少しずつ評価してもらえるように。

3年目でマネージャーに昇格し、わたし一人でお店を任せてもらえるようになった。

  • クレーム対応(ときには怒鳴られたり、物がとんでくることも。一度お湯が入ったカップを投げつけられたこともありました(^^;)
  • お金の管理
  • スタッフへの指示

などなど。

わたしはバイトで

  • ホスピタリティ
  • マネジメント
  • 人の育て方

について学ぶことができた。

国家試験の5ヶ月前に、猛勉強をはじめる

月日はあっという間にたち、気づけば国試5ヶ月前。

「あなた、このままだと落ちるわよ。」

そのときの成績表を見ると、なんと成績はクラスで後ろから3番目。

がーん。

なんでわたしって、努力してもこんなに勉強ができないんだろ・・・

このときは本当に途方に暮れました(´;ω;`)

わたしの学校では、国試前になるとグループ分けがあって、

そのグループ分けというのは、1つのグループに担当の先生がひとりついて、一緒に勉強していくというもの。

優秀な子はひとりでも大丈夫だから、とグループに属さない子もいた。

わたしはというと・・・

1番やばいグループ(落ちる可能性が高い子が集められたグループ)にいました(笑)

その日から猛勉強のはじまり。

バイトも休み、朝から晩まで勉強。

学校のお昼休憩中も、ごはんを食べながら問題集をみる。

問題集にこれでもか!っていうくらい書き込み、

クリスマスもお正月も家にとじこもって、ひとり黙々と勉強してた。

そして、結果は・・・

ギリギリでの合格(汗)

あと3点足りなかったら落ちていたっていう悲惨な結果に。

なにはともあれ、晴れて夢だった看護師に!

就職先は、400床ほどの関西のとある病院。

そこでまちうけていたのは・・・

理想とはかけ離れた世界だった。

第3話へつづく。

ABOUT ME
ナースひまり
ナースひまり
集中治療室8年目アラサーナース。将来のライフイベントに備えて、現在看護師の仕事をしながら別のキャリアに挑戦中。 人生、健康、恋愛、結婚、お金、人間関係、今後のキャリア・・・わたしは7年以上看護師をしてきて、本当にいろんなことに悩んできました。心身が崩壊しそうになったなんてことも。たくさん悩んできたわたしだからこそ伝えられることがある。そんな思いでこのブログをはじめました。詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。