人間関係

【看護師の人間関係】7年以上ずっと苦手だった先輩をやっと理解できた理由とは?

ナースひまり
ナースひまり
こんにちは!ナースひまり(→プロフィール)です。

あなたには苦手な先輩看護師はいますか?

実はわたしには就職してからずっと苦手な先輩看護師がいました^^;

かれこれもう7年以上の付き合い。

その先輩看護師はわたしに対して常に威圧的で、他の人にはニコニコ話しているのに、わたしと話した途端態度が変わる・・・

なんてことが日常茶飯事でした。

それが嫌で嫌で、勤務が一緒になる度に出来るだけ会話をしなくてすむように関わらないようにしてました(汗)

でも、ある本に出会ってその先輩に対する見方が変わったんです・・・!

ナースひまり
ナースひまり
今日はその本の紹介とわたしがどんなことを学んだのか?ご紹介します。

この記事で伝えたいこと

まずは・・・

相手がなぜ自分に対して

そういう態度を取るのか?

を考えてみることが大事!

わたしの体験談:7年以上ずっと苦手だったK先輩

K先輩は看護師歴15年ぐらいのベテランナース。

『THE 急性期の看護師』って感じで、疾患や治療の勉強が大好き。

周りからはミニドクターなんて言われることも。

なので、頼りになる時もあるのですが・・・

ナースひまり
ナースひまり
わたしはどうしてもその先輩が好きになれませんでした。

なぜわたしがその先輩を好きになれなかったのか?

それは人によって態度が全然違うからですヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

(スタッフにだけじゃなくて、患者さんに対しても・・・)

自分を立ててくれなかったり、仕事ができないと思った相手にはすごく冷たい態度をとるのに・・・

上司や仕事ができる人、自分を立ててくれる人に対しては機嫌よく対応。

わたしは新人の頃にK先輩にいじめられたのをずっと根に持っていて←

K先輩が自分を立ててほしそうな雰囲気を出しても、いつも無視してました(笑)

きっとそんなわたしの態度にK先輩も面白くなかったのかもしれません^^;

その結果、お互いに見えない壁が常にある感じでした。

そんな時にある本に出会って・・・

ナースひまり
ナースひまり
その本を読んだことでK先輩に対する見方が少し変わりました! 

ある本とは?:『ユダヤ人大富豪の教えⅢ』

その本というのが、これです!

『ユダヤ人大富豪の教えⅢ』

ナースひまり
ナースひまり
この本は『人間関係』について書いてあるんですけど、物語調になっていてすごく読みやすいです♪

『ユダヤ人大富豪の教えⅢ』でわたしが学んだこととは?

人間のタイプには4つあるって知っていましたか?

わたしはこれを知って

ナースひまり
ナースひまり
なるほど〜!!

と思いました。

その人間の4つのタイプというのがこれです!

まず大きくポジティブな人間とネガティブな人間に分かれます。

そして、ポジティブの中でも自立している人と依存している人、ネガティブの中でも自立している人と依存しているに分かれるんです。

ナースひまり
ナースひまり
それぞれの特徴についてまとめてみました!

4つのタイプには、それぞれ良い面悪い面があるので、どれが1番いい!ということはありません。

自分がどのタイプか気になった方はこちらを参照してください^^

出典元:http://www.daiwashobo.co.jp/web/html/jew/matrix/

この人間の4つのタイプの面白いところは、誰でもこの4つの要素はもっていることなんです!

一つ一つの要素の大きさは人によって違います♪( ´θ`)ノ

例えばこんな感じ。

Aさん:ポジティブ自立の要素が1番大きい

Bさん:ネガティブ依存の要素が1番大きい

ナースひまり
ナースひまり
その時の状況によって、ポジティブ自立の人がネガティブ依存になることもあります!

こういう場面を見たことはありませんか?

いつも意地悪してくる人が、相手によって急に弱気な態度になったり・・・

いつもは弱気な態度なのに、相手によって急に強気な態度になったり・・・

1対1の人間関係は、反対のタイプの反応を示すようになっていて、それでうまくバランスをとっているそうなんです。

例えば…

  • 自分がポジティブ依存だと、相手はネガティブ自立になる
  • 相手がポジティブ自立だと、自分はネガティブ依存になる

わたしはこれを知って、

「K先輩の態度は、自分がそうさせてたんじゃないか?」

と思いました(*´Д`*)

7年以上ずっと苦手だったK先輩とわたしの関係

K先輩とわたしの関係は

ネガティブ自立 VS ポジティブ依存

K先輩のわたしに対する態度はいつも威圧的で、仕事中「これどうなってるの?」とプレッシャーをかけられると、

口下手なわたしはうまく説明できず、そんなわたしにK先輩はさらに詰め寄ってきて言葉で攻撃してきます。

ナースひまり
ナースひまり
K先輩は頭がいいので、例えわたしが悪くない状況でも、いつも言い負かされていました。

わたしはそんな先輩の態度がずっと嫌で、

「どっちかが早く部署異動になったらいいのに・・・」

とさえ、思っていたときがありました^^;

でも、『ユダヤ人大富豪の教えⅢ』を読んで、

「もしかしたら、K先輩から見てわたしが“ポジティブ依存”に見えるから、そうさせていたのかも・・・?」

と思って、それからはK先輩に何を言われても毅然とした態度で振る舞って、常に感情を一定に保つように意識してみました。

(変に謝ったり、K先輩の態度に腹が立っても、それを表出しないようにしました)

今のK先輩とわたしの関係がどうなったのか?

どんな時も同じ態度で接することを意識してからは、以前よりもK先輩の自分に対する態度が変わった気がします。

完全に関係がよくなった!と言えるほどではないにしても、以前のようなネガティブ自立VSポジティブ依存のような関係ではなくなりつつあるなって。

ナースひまり
ナースひまり
何より機嫌よく話しかけてくれる回数が少しずつ増えてきました。

まとめ:看護師の複雑な人間関係で疲弊しないために大切なこと

お互いに今の自分は、今までの環境によって作られてきたもの。

歩んできた人生は違うし、価値観が全然合わない人が1人、2人いるのは当たり前。

看護師の職場は、スタッフの年齢層がバラバラだったり、いろんなタイプの人がいますよね。

そんな中で人間関係で疲弊しないためにも、まずは

“相手がなぜ自分に対してそういう態度を取るのか?”

を考えることは大事だなって。

わたしはそれをK先輩から学びました。

この記事が少しでもあなたのお役に立てば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ナースひまり
ナースひまり
集中治療室8年目アラサーナース。将来のライフイベントに備えて、現在看護師の仕事をしながら別のキャリアに挑戦中。 人生、健康、恋愛、結婚、お金、人間関係、今後のキャリア・・・わたしは7年以上看護師をしてきて、本当にいろんなことに悩んできました。心身が崩壊しそうになったなんてことも。たくさん悩んできたわたしだからこそ伝えられることがある。そんな思いでこのブログをはじめました。詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。