現場のノウハウ

インシデントを起こさない看護師はいない。同じミスを繰り返さないための2つの方法とは?

ナースひまり
ナースひまり
こんにちは!ナースひまり(→プロフィール)です。

どんなに気をつけていても、インシデントを起こしてしまう時がありますよね。

「なんであの時・・・」

「もっとこうしていたら。」

って、落ち込んだことは誰にでもあるはず。

時には、インシデントを起こした自分を責めて

「看護師に向いてないかも。」

「仕事に行くのが怖い。」

と、自信を失ってしまう看護師さんも非常に多いです。

わたしも新人の頃はよくミスをしたので、そんな自分を責めては落ち込んで仕事に行くのが嫌で嫌で仕方がない時期がありました。

ナースひまり
ナースひまり
今日は同じミスを繰り返さないための2つの方法についてご紹介します!

インシデントを起こさない看護師はいない!

看護師の仕事は多重業務。

新人でも何年目でも、確認不足、思い込み、知識不足、言われた通りにやったことが違っていたなどの理由でインシデントを起こしてしまう時がありますよね。

どんなに気をつけていても、疲労やストレスが溜まっていたり、その日のコンディションが違うだけでも、いつもはしない行動をしてミスをしてしまったり・・・

看護師が起こしやすいインシデントはザッとこういったものがあります。

  • 薬剤系
  • ドレーン・チューブ類
  • 転倒
  • 医療機器
  • 検査
  • 患者間違い
  • etc…

特に多いのが、ドレーン・チューブ類の自己抜去や転倒!

入院患者さんのほとんどは高齢者で、認知症や不穏になって、目を離した隙に抜かれてしまった!転んでた!っていうのはよくありますよね。

ナースひまり
ナースひまり
わたしもそれで何枚インシデントレポートを書いたかわかりません。

新人の頃は、怖い先輩に「なんで防げなかったの?!」って詰められては落ち込んで、よく家で泣いてました(泣)

それで余計に萎縮して、先輩の言うことや周りの目を気にしたり、ミスをした自分を責めては看護師をやっていく自信がすっかりなくなっていた時期もあって・・・

そんな時に、プリセプターさんがわたしに教えてくれたこと。

それは、『できたこと、できなかったことをノートに書くこと』でした。

今思えば、それがすごく良かったんですよね。

ナースひまり
ナースひまり
なぜそれが良かったのか?説明していきますね。

よくミスをしてしまう人の共通点とは?

よくミスをしてしまう人の共通点ってなんだと思いますか?

それは、

“メタ認知能力”が低いことなんです。

ナースひまり
ナースひまり
メタ認知能力?何それ??って感じですよね。

(わたしもつい最近知りました!笑)

メタ認知能力とは?

自分自身を客観的に認知する能力のこと。

イメージとしては、頭の中にもう1人の自分がいて、自分で自分のことを監視したり、コントロールできる力のことです!

メタ認知能力が低いと、その時の感情に振り回されて、ミスをしてしまった原因を考えずに終わってしまいがち・・・

それで同じミスを繰り返してしまうんです。

そして、周りの目ばかり気にしてしまう癖があるのも、メタ認知能力の低い人の特徴です。

(まさに過去のわたし・・・笑)

逆に、メタ認知能力が高い人は冷静に自分を見ることができるので、

  • 自分は何ができて何ができないのか?
  • どの程度できるのか?

など、自分の今の弱点を知って解決策などを考えられるため、感情に振り回されることなく冷静に物事を判断することができます。

ナースひまり
ナースひまり
じゃあどうやったら、そのメタ認知能力は鍛えられるのか?説明しますね。

メタ認知能力はどうやったら鍛えられるの?

メタ認知能力を高める方法は主に2つあります!

  1. 冷静に見ている“もう1人の自分”をイメージする
  2. 「なぜ?どうして?」という気持ちを紙に書いて振り返ってみる

冷静に見ている“もう1人の自分”をイメージする

こんな感じで、自分を俯瞰して見てみてください。

そうすることで第3者的な視点から自分を捉えることができ、一度冷静になって考えることができます!

「なぜ?どうして?」という気持ちを紙に書いて振り返ってみる

  • 心の余裕はあった?
  • 疲れていなかった?
  • 睡眠不足じゃなかった?
  • 知識で足りない部分はなかった?
  • 時間に追われてなかった?
  • 情報収集で足りてない部分はなかった?

など、紙に書いて“見える化”をしていきます。

頭の中だけで考えるのではなく、ちゃんと紙に書いてくださいね!

頭の中で考えるだけではなかなか整理することはできません。

ナースひまり
ナースひまり
紙に書いて“見える化”することで、その時の状況を整理しやすくなるので紙に書くっていうのが大事なポイントです。

まとめ

インシデントを起こした時は、本当に落ち込みますよね。

でも、落ち込んでいても何も解決されません…

  1. 冷静に見ている“もう1人の自分”をイメージする
  2. 「なぜ?どうして?」という気持ちを紙に書いて振り返ってみる

ナースひまり
ナースひまり
この2点を意識して、自分を冷静に分析できるクセをつけていきましょう!

追伸

人はミスをする生き物。

ミスをした時は、「1つ経験値が上がった!」と思って、反省しつつ前向きにいく。

ナースひまり
ナースひまり
大切なのは、ミスをした自分を責めるのではなくて振り返ることです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ブログランキングに参加しています。

よかったら、応援ポチ(ここをクリックするだけ)お願いします!

ABOUT ME
ナースひまり
ナースひまり
集中治療室8年目アラサーナース。将来のライフイベントに備えて、現在看護師の仕事をしながら別のキャリアに挑戦中。 人生、健康、恋愛、結婚、お金、人間関係、今後のキャリア・・・わたしは7年以上看護師をしてきて、本当にいろんなことに悩んできました。心身が崩壊しそうになったなんてことも。たくさん悩んできたわたしだからこそ伝えられることがある。そんな思いでこのブログをはじめました。詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。