現場のノウハウ

すぐ焦ってミスをしてしまう看護師さんへ。ミスを減らすための4つの方法とは?

ナースひまり
ナースひまり
こんにちは!ナースひまり(→プロフィール)です。

自分なりに頑張ってるのに・・・

すぐ焦ってミスをしてしまう。

要領もわるい。

「早くして。」と言われると、余計に焦ってミスをしてしまう。

先輩からも何かしら怒られる毎日。

そんなことはありませんか?

わたしも新人の頃は焦ってミスばかりしていました(−_−;)

いろんな方法を試した結果・・・

効果的だったものを今日はご紹介します!

人がミスをする4つの理由とは?

看護師だって人間なのでミスをすることはありますよね。

でも、特にミスを起こしてはいけないのが看護師の仕事。

ナースひまり
ナースひまり
それはミスが患者さんの命を奪ってしまうかもしれないから・・・

そもそもなぜ人はミスをしてしまうのか?

その主な理由がこちらです。

疲れによる集中力の低下

看護師の仕事って本当に体力勝負ですよね。

特に、病院で働いている看護師・・・

  • 夜勤をしているから生活が不規則
  • 残業が多い
  • 仕事中も忙しくて休む暇がない
  • 休みの日が少ない
  • 時には、自分の体重以上の人を何人も体位変換や移動させたり・・・

慢性疲労に悩んでる人は多いと思います。

やっぱり疲れていると、どうしても集中力が下がってミスをしやすくなります。

人間関係

人間関係が悪いと、

それだけでストレスがたまりますよね・・・

そのストレスが心理的な負担となってミスを起こす要因になってしまうんです。

人はストレスフルな状態でいると、

心と体は連動しているので、体は心の影響をもろに受けます。

人間関係が悪い緊迫した状況にいると、

思うように動けないといった経験はありませんか?

ミスは自分の不注意で起こっているものと思われがちですが・・・

結構、人間関係が要因になっていることも多いんです。

マイナス思考

マイナス思考もミスを起こしやすい要因です。

「また同じミスをしたらどうしよう・・・」

「他の人はできてるのに、自分だけできてない。」

「自分は仕事ができない・・・」

こんなふうに考え続けてしまうことはありませんか?

マイナス思考の人は、

他のことにも注意がいかなくなってしまうので、余計にミスを起こしやすくなってしまうんです。

整理整頓が苦手

これ、結構当たってると思います(^^;

ミスをしやすい人は整理整頓が苦手。

整理整頓が苦手な人の特徴
  • 部屋がきたない
  • 財布とか鞄の中になぜかいらないものがたくさん入っている
  • とにかく片付けるのが苦手
  • 自分のまわりがすぐに散らかってしまう

こんな感じじゃないですか?

なぜ整理整頓が苦手だとミスをしやすいのか?

それは、

“必要なもの”“必要でないもの”の分別が苦手だから。

部屋ってその人の頭の中を表しているってよく言いますよね。

さっき心と体は連動しているという話をしましたが、

頭の中がゴチャゴチャしてると・・・

物もゴチャゴチャしてきます。

ほら!

心が荒んでる時って部屋も汚くなるじゃないですか(*´Д`*)

逆にミスをあまりしない人、仕事ができる人って

常にまわりが整理整頓されていて綺麗じゃないですか?

焦ってミスばかりしていたわたしの新人看護師時代

わたしは新人時代、よく焦ってミスばかりしてました。

「自分のせいで患者さんに何か影響を及ぼしてしまうんじゃないか・・・」

って怖くて、

先輩からも毎日何かしら怒られていました。

家に帰っても無気力で何も考えられないなんて日も。

毎日が忙しすぎて疲れもとれないし、

実は看護がイヤになった時もあったんです(´;ω;`)

そんな状況からどうやって脱したのか?

ミスを減らすための4つの方法とは?

体調管理(主に食事管理)

まずは体調管理です!

夜勤をしていたら規則正しい生活はできないので、

かわりに食事を気をつけています。

徹底しているって言っても、好きなものを食べる時ももちろんありますよ(*´∇`*)

人の体って何でできているか知っていますか??

それは、自分が半年前に食べた食べ物です!

ストレスで暴飲暴食していた時期もありましたけど・・・

体重は増えるし、肌は荒れるし、便秘になるし、なんか頭痛はするしで良いことは何1つありませんでした(´;ω;`)

暴飲暴食している時は満たされた気持ちになるんですけどね。

でも、それが自分で自分の首をしめていることに気づいたのでやめました。

じゃあわたしが体調管理のために今どんなものを食べているのか?

それがこちらです。

<朝の時間帯>

野菜と果物が中心。

無調整豆乳に甘酒を混ぜて温めたもの。

<昼の時間帯>

炭水化物を食べるのは昼の時間帯のみ。

<夜の時間帯>

野菜、タンパク質が中心。

特に、夜は食物繊維と乳酸菌は積極的にとるようにしている。

(腸は22時〜翌2時に一番活性するので、乳酸菌は夜とった方がいいんですよ(*´ω`*))

 

飲み物も水かお茶が中心で、たまにお酒とかコーヒーを飲むくらい。

こんな感じで食事管理をしていて

やっぱり体は軽いですし、頭痛もなくなりました٩( ‘ω’ )و

こういう食事をしていると・・・

たまに食べるガッツリ系のご飯がめっちゃおいしく感じます←

できる人をマネする

これ、すごく大事です。

自分の中で改善方法を探すよりも

それをできる人から学ぶ方が圧倒的に早い!!

わたしはそれをよく本から学んでいました。

自分にはない考えがたくさんのっているので、それを知ることで視野がひろくなります。

「なるほど〜、こんな方法があるんだ。フムフム・・・」

って。

視野がひろくなると、

物事を俯瞰して見られるようになるので

焦ってとか

テンパってとか・・・

そういうことがだんだんと減って冷静に対応できるようになります。

本を読むのが苦手な人は

一緒に働いている人の中から探してみて、その人のマネをしてみたり、コツを聞いてみるとか!

これだけはやってはだめだなって思うのが、

やっぱり自分の頭の中だけで答えを見つけようとすること。

もうすでに自分の頭の引き出しからは対応しきれないからミスをしている状態なので、

「いい方法探してきてやるよ!(`・ω・´)」

て、自分から何かしらのヒントを探しに行った方が圧倒的に早い。

自分を知る

自分がどういう時にミスをしやすいのか?

それを知っておくこともすごく大事です!

わたしの場合は、

ほとんどが『人間関係』でした。

いや、単に自分が勉強不足だったっていうこともありますよ?( ;∀;)

でも、わたしが入職した時は本当に人間関係がひどくて・・・

  • 威圧的な人
  • ミスをすると過剰に指摘してくる人
  • 人前で見せしめかのように怒る人
  • ただ自分が機嫌が悪いだけで注意してくる人

こういう先輩が多かったんです。

人一倍仕事ができなかったわたしは

“仕事ができない”

というレッテルを貼られてしまって

毎日自己嫌悪に陥っていた時がありました。

ひどい時だと、なぜか自分で自分の頬を殴るなんてことも。

「しっかりしろー!自分!」

って。

(・・・今、思ったら自分で自分の頬を殴るってやばいですね。大丈夫か?自分( ̄▽ ̄;))

当時は相当追い込まれていたんだと思います・・・

そもそもなんで自分が『人間関係』が理由でミスしていることに気づいたのか?

それは他の記事でもチラッと書いたんですけど、

わたし新人の時は自分がその日できたこと、できなかったことをノートに書いていたんです。

それで、

「ん?なんかこわい先輩と一緒に働いてる時にミスが多いな。」

って気づいて。

数少ない優しい先輩と一緒に働いた時はミスがいつもより少なかったんです。

心と体は連動してる

これは本当にそうだなって思います(´・ω・`)

あと、ノートに書くことで

その時は病院にいる時よりも落ち着いて考えられるので

  • 自分がどんな時にミスをしやすいのか?
  • なんでミスしたのか?

自分の特性を知ることができるで、解決方法も考えやすかったです!

整理整頓をする

物がゴチャゴチャしていると・・・

実はそれだけで脳にストレスがかかるんです。

人は脳に情報を取り込むとき、目から8割、耳から2割っていわれています。

つまり、

部屋が散らかっていると

無意識に脳はストレスを感じているんです。

えっと、どういうことかいうと、

こんな研究結果があります。

これはUCLAの研究チームが行ったもの。

アメリカのごく普通の中流の家庭を32件選び、生活ぶりを調査したところ・・・

家の中にたくさんのモノを目にしたとき、人のコルチゾール(ストレスホルモン)が上昇した。

※コルチゾールとは、副腎皮質で作られるホルモンの1つ。ストレスがかかったり低血糖のときに分泌されます。

つまり、

たくさんのモノがあるだけで、人の体からストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されるぐらい脳はストレスを感じているんです。

なので、

わたしはまずは自分のまわりを整えて、

無意識に脳にストレスをかけないようにしています。

具体的には、

  • 物は必要最低限にする。特に1年使わなかったものは問答無用で手放す!
  • 物の定位置を決める(これは断捨離で有名なこんまりさんの本に書いてありました(*´ω`*))

こんな感じです。

それでも部屋が散らかってきたら・・・

「やばい、自分相当疲れている。休もう!」

っていう判断基準にしています(笑)

まとめ

  1. 体調管理(主に食事管理)
  2. できる人をマネする
  3. 自分を知る
  4. 整理整頓をする

以上が、

わたしが7年以上かけて見つけた効果があったミスを減らすための4つの方法でした\\\\٩( ‘ω’ )و ////

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ナースひまり
ナースひまり
集中治療室8年目アラサーナース。将来のライフイベントに備えて、現在看護師の仕事をしながら別のキャリアに挑戦中。 人生、健康、恋愛、結婚、お金、人間関係、今後のキャリア・・・わたしは7年以上看護師をしてきて、本当にいろんなことに悩んできました。心身が崩壊しそうになったなんてことも。たくさん悩んできたわたしだからこそ伝えられることがある。そんな思いでこのブログをはじめました。詳しいプロフィールはこちら
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。